奨学金返済が出来ません。自己破産するとどうなる?【よくある質問】

奨学金返済が出来ません。自己破産するとどうなる?【よくある質問】

奨学金返済が出来ません。自己破産するとどうなる?【よくある質問】

多額の借入をしたことが原因で、返済が困難になってしまう方は珍しくはなくなってきました。借入金額が大きくなければ債務を一本化したり、あるいは任意整理をしたりと、いろいろな方法で返済していくことが考えられます。しかし、金額が大きい場合にはこれらの方法では返済できなくなることもあります。このような場合に、自己破産を申し立てて免責の許可が下りれば、債務を免除してもらうことができます。

自己破産をすればすべての債務は免責になりますから、奨学金の返済義務もなくなります。奨学金というと、特殊な制度のように思ってしまいいますが、その中身は一般的なローンと同じです。銀行から借入をする場合に比べれば金利が低い、あるいは無利子で借りられるという違いはあるものの、ローンであることには違いはありません。それを考えれば、自己破産することによって奨学金の返済義務がなくなることは至極当然なことなのです。

ただ、自己破産をすることには様々なデメリットがありますから、奨学金を返済したくないという理由だけで選ぶべき手段ではありません。たとえば、ブラックリストに載れば、しばらくの間は新たに借入はできなくなりますし、カードを持つこともできなくなります。また、債務が免除になったとしても、不動産などの財産はすべて没収されます。そして、連帯保証人に請求が行くというのもデメリットとしてあげられます。このようなデメリットを良く把握した上で判断しましょう。